LINK
私は結婚して以来、今までの十数年の間、毎朝主人のお弁当を作っています。 私は早起きすることがたいして苦ではないため、主人のお弁当も作ること自体はとくに面倒だとも大変だとも思わないのですが、暑い季節のお弁当を作ることだけは大変だと感じます。 というのも夏の暑い時期は食材が傷むのも早く、いかに腐ることのないお弁当を作るかに苦心するからです。 生ものなどはもってのほかで、全ての食材にまず火を通すのですが、それを温かいままお弁当に詰めてしまうと傷むのが早まるため、一度火を通したら今度はそれを冷まさなければいけません。その冷ますという過程にすごく時間がかかるのです。 そしてやっと冷めたら順番にお弁当箱に詰めていくのですが、それも暑い時期というのは食欲が落ちてくるので、食べやすく美味しそうに詰めなくてはなりません。 そんな風にしてやっと最後フタを閉めて出来上がりです。 そうしてできたお弁当を保冷剤の入ったクーラーボックスに要れて主人は毎朝出かけて行きます。